ダイヤモンドアフロの日々

日々の生活の中で思った事や出来事。人間関係・お笑い・病気

神様に感謝する女性とアフロ

今回は〜アフロが退院して数日が経ったある日‼️

ある宗教に入信されてる方が聖書に書いてある言葉を伝えるために我が家へ訪問してくれた時のお話♪

 

今回は〜宗教のお話なので〜

アフロ教の信者以外の人は〜

気分を害する恐れがあるのでご注意下さい‼️

 

アフロは〜新聞は取る気がないので〜

新聞の勧誘の場合は基本、インターホンの時点でお断りさせて頂きますが〜

 

今回は1人で時間を持て余してたので〜

話を聞いてみました〜

 

退院して数日後〜

いつもの様にソファーで横になってると〜

ピンポンが鳴りました〜

 

出てみると年配の優しそうな女性が〜

聖書についてお話されてたので〜

玄関を開けると〜

聖書を読み聞かせて下さいました

 

その方が仰るには〜

神様は病気や苦痛、死さえもなくして下さると・・・

そして皆が楽しく暮らせる世界を作ってくれるのだと仰ってました

 

感謝の気持ちは大切で毎日、神様に感謝していると仰ってました

 

そこでアフロは疑問に思った事があったので〜

聞いてみました〜

 

『病気も苦痛もない世界で〜皆が楽しく暮らせる世界って仰いましたが〜病気や苦痛を知らないで〜

楽しさって分かるのでしょうか』と・・・

 

アフロは〜退院したばかりで〜全身が痛いので〜

健康な身体って本当に有難いと思います

 

でも健康な時は〜手が自由に使えて幸せだとか〜

普通に歩けて楽しいなんて考えながら行動していませんでした〜

 

今、日本人のほとんどは〜

食べ物に困らないと思います

毎日、食べ物を口に出来るのは当たり前で〜

食事をする度に、今日も食事が出来て本当に幸せだ〜なんて考えないですよね⁉️

 

もちろん美味しい物を食べたりすると〜

『美味しい〜』って思いますが〜

食べ物を口に出来ること自体に感謝してますか⁉️

 

アフロは〜

人って当たり前になってる事に喜びを感じたり〜

楽しさを感じたり出来ないと思うんです

 

もちろん毎日、意識していれば別です‼️

彼女は食事の時もそれ以外でも神様に感謝しているそうです

 

感謝を忘れないと言う事はとても良い事だと思います

でもそれは、世界で食べる物にも困っている人達がいる現状を知っていればこそなのではないかとアフロは思うのです

 

等々を伝えると〜

『それは、わざわざ自分で指を切って治って良かったと思うのと同じではないですか⁉️』

と言われました

 

自分でわざわざ指を切る必要はありませんが〜

生きていれば色々な経験をします

 

病気やケガ、辛い事、悲しい事などなど・・・

それを経験してるからこそ〜

幸せや楽しさ嬉しさがあるのではないかと思うのです

 

彼女が持っていた冊子には〜

楽しそうに原っぱで遊んでいる親子⁉️のような絵が載ってしました

 

病気も苦痛もない世界で〜

もしも絵のように毎日を遊んで暮らしていたら〜

それは本当に幸せなのでしょうか⁉️

 

アフロも感謝の気持ちは大切だと思います

いつもは感謝してない神様に困った時だけお願いした事もたくさんあります⬅︎あるんかぁ〜い笑

 

なので〜彼女が神様に毎日、感謝してる事を悪い事だとは思いません

感謝の気持ちを持ち続ける事は大切だとアフロも思います

 

ただアフロは〜

神様よりも、アフロの身近な人達に感謝をして生きて行きたいと思います

 

神様よりも、大好きだったお爺ちゃんやご先祖様に感謝をしたいと思います

 

今、全身が痛くて辛いけど〜

これも経験しようと思って経験出来るものではありません

 

そう考えると、とても貴重な経験です

だからこそ今アフロに出来る事をしようと思います

 

と・・・女性に熱弁しました

 

彼女は『お話出来て良かったです。プラス思考の考えも本当に良いと思います。また寄らせて下さい』

と言って帰られました

 

アフロは無宗教ですが、宗教を否定するつもりはありません

 

宗教でも仕事でも何でも〜

それぞれ自分のやりたい様にやるのが一番だと思います

 

あっ‼️犯罪とかはダメですよ(^◇^;)

 

ただ今回の宗教に関しては〜

アフロとは考え方がチョット違う気がしたので〜

アフロがこの宗教に入信する事はないでしょう

 

病気や苦痛や死のない世界‼️

病気はないに越した事はないと思います

 

苦痛のない世界と言うのは妬み等もない世界なのでしょうか⁉️

だとするなら、その世界の人たちは皆同じ容姿なのでしょうか⁉️

 

死のない世界と言うのは本当に幸せで楽しい世界なのでしょうか⁉️

 

また来ると仰ってたので、今度会ったら聞いてみようと思います

 

どちらにしてもアフロが生きている間には実現しそうにないので〜

アフロは病気や苦痛、死のある今の世界を頑張って生きようと思います

 

ではこの辺で〜